合成年齢逆転: 科学は私たちを若返らせることができるのか?

画像クレジット:
画像著作権
iStock

合成年齢逆転: 科学は私たちを若返らせることができるのか?

合成年齢逆転: 科学は私たちを若返らせることができるのか?

小見出しのテキスト
科学者たちは人間の老化を逆転させるために複数の研究を行っており、成功に一歩近づいています.
    • 聖火リレートーチ
    • 著者名
      クォンタムラン・フォーサイト
    • 30年2022月XNUMX日

    テキストを投稿する

    高齢者人口が増加し続ける中、科学者たちはアンチエイジング スキンケアや幹細胞研究を超えて、人間の老化を遅らせる方法を積極的に探しています。 いくつかの研究では、合成年齢逆転をより達成しやすくする興味深い結果が得られています。

    合成年齢反転コンテキスト

    臨床研究では、人間の老化の指標には、代謝疾患、筋肉の喪失、神経変性、皮膚のしわ、脱毛、および 2 型糖尿病、がん、アルツハイマー病などの加齢に伴う病気のリスクの増加が含まれることがわかりました。 科学者たちは、老化の原因となるさまざまなバイオマーカーに注目することで、老化を遅らせたり逆行させたりする方法 (合成年齢逆転) を発見したいと考えています。

    2018 年、ハーバード大学医学部の研究者は、血管の老化を逆転させることが、若々しい活力を回復するための鍵となる可能性があることを発見しました。 研究者は、天然に存在する XNUMX つの分子で合成前駆体 (化学反応を可能にする化合物) を組み合わせることにより、老化したマウスの血管と筋肉の変性を逆転させました。 この研究では、血管老化の背後にある基本的な細胞メカニズムと、それが筋肉の健康に及ぼす影響を特定しました。 この発見は、血管の老化から生じるさまざまな疾患に対処するために、ヒトの治療法が可能になる可能性があることを示唆しています。 マウスで有望な多くの治療法がヒトで同じ効果をもたらすわけではありませんが、実験の結果は十分に説得力があり、研究チームはヒトでの研究を追求するようになりました.

    破壊的な影響

    2022 年 80 月、カリフォルニア州のソーク研究所とサンディエゴ アルトス研究所の科学者は、遺伝子治療の一種を使用して中年マウスの組織を若返らせることに成功し、人間の老化プロセスを逆転させることができる治療法の可能性を高めました。 研究者らは、ノーベル賞受賞者である山中伸弥教授の以前の研究を利用し、山中因子として知られる10つの分子の組み合わせが、老化した細胞を若返らせ、体内のほぼすべての組織を生成できる幹細胞に変換できることを明らかにしました. 研究者は、高齢のマウス (人間の年齢で 12 歳に相当) を 15 か月間治療した場合、影響がほとんどないことを発見しました。 しかし、生後 35 ~ 50 か月 (ヒトでは約 XNUMX ~ XNUMX 歳) の時点から XNUMX ~ XNUMX か月間、マウスを治療すると、若い動物のように見えました (特に、皮膚や腎臓が若返りの兆候を示しているなど)。 )。

    しかし、人間の細胞は変化に対してより抵抗力があり、プロセスの効率が低下する可能性があるため、人間で研究を繰り返すことははるかに複雑になります. さらに、山中因子を使用して高齢者を若返らせると、完全に再プログラムされた細胞が奇形腫と呼ばれる癌組織の塊になるリスクが伴います。 科学者たちは、人間の臨床試験を行う前に、細胞を部分的に安全かつ効果的に再プログラムできる新薬を開発するために、さらなる研究が必要であると述べています. それにもかかわらず、調査結果は、老化プロセスを遅らせたり、逆転させたりする治療法を開発できる日が来る可能性があることを明らかにしており、癌、脆性骨、アルツハイマー病などの加齢に伴う疾患の予防治療につながる可能性があります.

    合成年齢逆転の意味

    合成年齢逆転のより広い意味には、次のようなものがあります。 

    • ヘルスケア業界は、診断と予防療法を改善するために、合成年齢逆転研究に数十億ドルを注ぎ込んでいます。
    • 人間は、幹細胞移植を超えていくつかの年齢逆転手順を受けており、年齢逆転治療プログラムの市場が拡大しています。 最初は、これらの治療法は金持ちにしか手が届きませんが、徐々に社会の残りの人にとって手頃な価格になる可能性があります.
    • スキンケア業界は研究者と協力して、科学に裏打ちされた、問題のある領域をターゲットにしたより多くの血清とクリームを開発しています.
    • 合成年齢逆転の人体実験に関する政府の規制、特にこれらの実験の結果としての癌の発生について研究機関に責任を負わせること。
    • アルツハイマー病、心臓発作、糖尿病などの一般的な病気に対するより効果的な予防療法が利用可能になるにつれて、一般的に人間の平均余命が長くなります.
    • 人口が急速に高齢化している政府は、費用便益分析研究に着手し、高齢者の医療費を削減し、この人口のより多くの割合が労働力の生産性を維持するために、それぞれの人口の年齢逆転療法に補助金を出すことが費用対効果が高いかどうかを調査しています。 .

    コメントする質問

    • 人工的な年齢逆転治療は、社会的および文化的な格差をどのように生み出す可能性がありますか?
    • この開発は、今後数年間でヘルスケアにどのような影響を与える可能性がありますか?

    インサイトの参照

    この洞察のために、次の一般的な機関リンクが参照されました。

    ハーバード·メディカル·スクール 時計を巻き戻す